自動車用語集

この自動車用語集では、「会話に織り交ぜると、ツウと思わせられるかも」というような、自動車用語を集めてみました。

自動車用語集一覧

ガソリンエンジン
ガソリンを燃料とするエンジンの総称。
レシプロエンジン
ピストンを往復運動させて駆動力を得るエンジン。
ロータリーエンジン
三角おむすび型のピストンが回転運動することにより、駆動力を得るエンジン。
4サイクルエンジン
吸入から排気行程までをピストンを2往復させて行うエンジン。
2サイクルエンジン
吸気から排気行程までをピストンが1往復する間に行うエンジン。
ディーゼルエンジン
軽油などの揮発性の低い燃料を用いるエンジン。
アイドリング
アクセルを開けていない(踏んでいない)状態でのエンジンの回転の事。
インテークマニホールド
エンジンに混合気(霧状の燃料)を吸い込む経路。
エアクリーナー
エンジンの空気の吸入部分に装着されるフィルターの事。
エンジンオイル
エンジン内に入れる潤滑剤の事。
オイルフィルター(オイルエレメント)
エンジンオイルが取り込んだ汚れや鉄粉などを除去するフィルターの事。
エンスト
使用者の意図に関わりなくエンジンが停止する現象の事。
オイルパン
エンジンの一部であり、エンジンの下部でオイルをためておく部分である。
過給器
エンジンへ空気を圧縮して強制的に送る装置の事。
可変バルブ機構
エンジン内の吸気と排気のバルブのバルブタイミング、位相、リフト量などをエンジン回転数により変化させる仕組みの事。
カムシャフト
エンジン上部(ヘッド内)にある部品でバルブの開け締めを行う部品。
キャブレター
燃料を霧状にして噴出させると同時に、アクセルの開度に応じた最適の比率で空気と燃料を混合して、エンジン内に混合気を供給するための装置。
クランクシャフト
ピストンの往復運動を回転運動に変える軸。
混合気
空気と燃料が混ざり合って霧状になった状態の事。
自然吸気
過給器(ターボチャージャーやスーパーチャージャー)を使わずに大気圧でエンジン内に吸気するシステムの事。
ショートストローク
レシプロエンジンで、ボア(シリンダーの内径)よりもストローク(往復行程)の寸法の短いもの事。
水冷エンジン
エンジンを水またはそれに類する冷却液を媒体として間接的に冷却を行う。
タイミングベルト
自動車ではレシプロエンジンのクランクシャフトの動力をカムシャフトに伝えるために用いられる。
パワーウェイトレシオ
自動車の重量を、そのエンジンの出力で割った値の事。
オイル上がり
エンジンオイルがエンジンの燃焼室にまで入り込み、混合気と一緒に燃焼してしまう事。
オイル下がり
シリンダーヘッドから燃焼室へエンジンオイルが入り込んでしまう事。
オーバーヒート
エンジン本体の異常過熱の事。
ノッキング
点火プラグによる点火時期後に遅れて燃焼する事。
デトネーション
点火プラグによる点火時期より前に自己着火する事。
CVT
ATの一種であり、幅の変わる2つのプーリー間に金属ベルトを渡し、プーリーの幅を変えて速度を調節する。
オルタネーター
エンジンの駆動エネルギーを交流の電気に変える発電機。
ディストリビューター
イグニッションコイルからの電流を各プラグに配電する部品。
イグニッションコイル
12Vのバッテリーの電圧を1万ボルト以上の高電圧にして、点火プラグに火花を飛ばす装置。
点火プラグ
エンジンの燃焼室で火花を飛ばし、圧縮された混合気を爆発、燃焼させるきっかけを作る部品。
HID
High-intensity discharge lamp(高圧放電灯)の略。
 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ 自動車用語集
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ