プラグ

プラグ
シリンダーヘッドが最近はアルミ化されてきており、下手なプラグの脱着はネジ山を破損しかねない。
昔はプラグを外して、焼け具合の確認とワイヤブラシなどで掃除して隙間調整・・・などといわれていたが、キャブレターから電子式燃料噴射装置に変わってからはほとんど必要はなくなった。
プラグの劣化にともなう定期的な交換をおこなえば、まず問題はない。
普通のプラグは2万km、白金プラグ(プラチナプラグ)は10万kmを目安に交換。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ メカ部分のメンテナンス プラグ
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ