エンジンオイルの点検と補充

オイル管理を完璧にしておけば、10万km以上はエンジンは好調を維持できる。
●レベルゲージを抜いて、きれいなウエスなどで拭いて、もう一度差し込む。
●引き抜いたら、レベルゲージに付いたオイルの場所で量が適正か判断する。
(FとLの間にあればOK)
●汚れ具合も一緒に見る。ウエスに付いたオイルの色で汚れ具合も判断する。
●オイルを補充する場合は、少しずつ入れる。入れすぎると抜くのが厄介だから。
(決してF・上限より入れすぎないこと。入れすぎるとエンジンに大きな負担をかけ、オイル上がりやオイル漏れの原因になる。)
●駐車していた場所にオイルがたれていたら、ドレンボルトのパッキンのへたりが考えられる。
新品に交換すればOK。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ メンテナンス入門 エンジンオイルの点検と補充
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ