ジャッキアップ&タイヤ交換の方法

@車からジャッキ、ジャッキのハンドルになる部分、ホイールナットレンチ、タイヤ止めを降ろす。
Aホイールキャップが付いていれば、外す。
Bジャッキアップする前にナットを少し(1/2回転ほど)緩めておく。
(固着しているので、足を乗せ体重を掛けると楽)
B外すタイヤの対角線にあるタイヤにタイヤ止めを掛ける。
Cジャッキをかける場所は指定されている。
鉄板が2重になり、切り欠きがある。
その場所の真下にジャッキを入れ、ジャッキを直接手で回してジャッキがその位置から動かなくなるくらいまで上げる。
Dジャッキにハンドルになる部分をセットし、タイヤが1cmくらい浮き上がるまで回す。
E手でナットが緩むくらいまで、レンチで緩める。
F足でタイヤを抑えながら、手でナットを外していく。
Gナットをすべて外したら、タイヤを両手でしっかり持ちまっすぐに引き抜く。
Hついでにブレーキパッドの残量確認もする。
Iタイヤ装着時は両手でしっかりと持ち、4本のハブボルトに4つの穴が合うようにしてから、まっすぐにはめ込む。
J足でタイヤを抑えながら、手で締められるまでナットを締める。
時々手でタイヤをゆすり、穴とナットのテーパーがフィットするようにしながら締めこむ。
(ナットはテーパーになっているほうがホイールと接する側になるように)
K手回しできなくなったら、レンチで締めこむ。
1つのナットを1回でギューと締めこむのではなく、4つのナットを対角順に少しずつ締めこむ。
Lタイヤが回って締め込みずらくなったら、タイヤが軽く地面に接地するくらい下げて、締めると作業しやすい。(この時点では、本締めしなくていい)
Mジャッキダウンしてジャッキを外したら、本締めをする。
体重をかけて、ギュッと勢いをつけて締める。
Nタイヤを両手で持って、体重をかけて揺すってみる。妙なガタつきがなければOK。
Oホイールキャップを付ける。
コツはこぶしで周囲をたたくようにする。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ メンテナンス入門 ジャッキアップ&タイヤ交換の方法
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ