エンジンオイル交換の手順

@エンジンは十分に暖気しておく。
できるだけ平坦な場所に車を止める。
ジャッキアップせずにドレンプラグを外せる場合は良いが、そうでない場合は必要な分だけジャッキアップする。
できれば安全のため、固定ジャッキ(ウマ)を掛けたい。
Aフィラーキャップ(オイル注入口)を外す前にその周囲をウエスできれいにする。
(ゴミの進入を防ぐため)
オイルフィラーキャップ
Bフィラーキャップを外す。
Cフィラー周囲をウエスできれいにする。
Dドレンボルトとその周囲をウエスできれいにする。
ドレンプラグ
Eドレンボルトを外す。ボルトの頭を痛めないためにも、メガネレンチの使用をお勧めする。
ボルトを手で回せるまで緩める。
F床を汚さないためにも、新聞紙などを敷き、廃油受けを置く。
初めはいきおいよく出るので、それを想定して置き場所をきめる。
オイル排出
Gドレンプラグを外す際に、熱いオイルが手にかかることがあるので、軍手やビニール手袋などをする。
Hドレンプラグを外す。
外すと同時にいきおいよく出るので、手に掛からないように又ドレンプラグを落とさないように注意する。
Iフラッシング剤を入れて、エンジン内を洗浄する場合はその分だけドレンプラグからオイルを抜き(入れるフラッシング剤の量と同じくらい)また、ドレンプラグを締める。
そして、指定時間アイドリングする。
Jオイルはドレンプラグを外した時は勢いよく出るが、やがてちょろちょろと出るので、出方に応じて廃油受けの位置を調整する。
十分にオイルが出きるまで、そのままにしておく。
Kオイルフィルターも交換する場合は、ここで交換する。
Lドレンボルトとパッキンをウエスできれいにする。
パッキンの老化、破損を確認し、痛んでいるようなら新品と交換する。
Mオイルが出なくなったらドレン周囲をウエスできれいにして、ドレンプラグを手で回せるところまでねじ込む。
Nドレンボルトを手で回せなくなったら、メガネレンチで締めこむ。
パッキンを潰しすぎない程度の力で締めこむ。
Oジョッキ又はジョウゴを使用してオイルを入れる。
オイルジョッキ
オイルペットボトル
汚さないために、フィラー(注入口)の回りはウエスを巻いておく。
Pジョッキで入れるなら指定量(オイルフィルターを交換した場合としない場合では、入れる量が違うので注意)
をジョッキに入れ、注ぐ。
ジョウゴで缶から直接入れる場合はレベルゲージで注入量を確認しながらいれる。
もし、入れすぎたらドレンプラグを緩めて、排出する。
Qレベルゲージで確認する。
R後日、レベルゲージで量の確認とドレンプラグからのオイルのにじみ漏れがないか確認する。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ メカ部分のメンテナンス エンジンオイル交換の手順
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ