ソケット

ラチェットハンドル&ソケット
ソケットには力を掛けられる6ポイント、作業性の高い12ポイントを使い分けよう。
六角形のボルトを締めたり緩めたりするのだから、6ポイントを使う方が理屈にかなっている。
逆に12ポイントのメリットは、ボルトに接触するチャンスが6ポイントの2倍となることである。これはバーハンドルを使って作業する場合、大きな差になる。
12ポイントを使っても普通に作業する分には、強度不足などはまったく起こらない。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ 工具選びのA to Z ソケット
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ