オイル上がり

オイル上がりとは?
エンジンオイルがエンジンの燃焼室にまで入り込み、混合気と一緒に燃焼してしまう事。
シリンダーを上下するピストンには、気密を守るリングとエンジンオイルをシリンダーとピストンの間に潤滑させるリングとある。シリンダー又はピストン又はリングの異常によりエンジンオイルが燃焼室まで入り込むと考えられる。
症状としては、エンジンをふかすとマフラーからオイルの燃えた白い煙がでるので症状はわかりやすい。
オイル上がりになると、極端にエンジンオイルが減るのでエンジンオイル不足による焼きつきに気をつけたい。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ 自動車用語集 オイル上がり
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ