下地作りのためにクリーナー

粘土でボディをつるつるにしたら、クリーナーで水垢や古いワックスなどを落としましょう。
ボディがそれほどザラザラしていなければ、クリーナーだけでも十分です。

@50cmくらいの狭い範囲ごとに作業しましょう。

A縦・横・縦と力を入れて磨きましょう。

B拭き取りも狭い範囲ごとにやった方が楽です。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ 洗車入門 下地作りのためにクリーナー
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ