エンジンがかからない

●AT車の場合、セレクトレバーがP以外の所に入っていないか確認。

●バッテリー上がりでセルモーターが回らない場合
・バッテリーを充電する 又は
・ブースターケーブルで他車から電気をもらう
ブースターケーブルは絶対に車載しておきましょう。
@両者のバッテリー位置が近くなるように車を止めましょう。
Aバッテリーが上がっている車のバッテリーのプラス端子(カバーの付いている方)にブースターケーブルの赤コードの片方をつなぎましょう。
B電気を供給してくれる車のバッテリーのプラス端子に赤コードのもう片方をつなぎましょう。
C電気を供給してくれる車のバッテリーのマイナス端子に黒コードの片方をつなぎましょう。
D最後にバッテリーが上がった車のエンジン本体の金属部分に黒コードのもう片方をつなぎましょう。
E5分ほど電気を供給してくれる車のエンジンの回転数を1500rpmくらいに上げて、上がったバッテリーを充電します。
Fエンジンを始動しましょう。
エンジンがかかったら、30分以上は止めないようにしましょう。
Gブースターケーブルを外すときは、マイナス側の黒コードからはずしましょう。
次にプラス側の赤コードを外し、最後にプラス端子のカバーを忘れずにかけましょう。
・押しがけ(MT車の場合のみ可能)
@イグニッションキーをONにしましょう。
Aギヤを2速に入れ、クラッチを踏み、サイドブレーキを解除しましょう。
B車を押してもらいましょう。
Cある程度、勢いがついたら、クラッチを離しましょう。
Dエンジンがかかったら、クラッチを踏んで、ギアをニュートラルにして、エンジンを1500rpmくらいでしばらくまわしましょう。

●それ以外は業者にまかせましょう。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ トラブル対処法 エンジンがかからない
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ