チャージランプがつく

チャージランプはエンジンがかかっている時に、発電機能が失われると、点灯する。
オルタネーター(発電機)の不良である。
   ↓
発電機能を失ったまま走行し続けると、バッテリーが放電し、最後はエンストして止まってしまう。
   ↓
早急にプロへ



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ トラブル対処法 チャージランプがつく
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ