ディーゼルエンジン

ディーゼルエンジンとは?
軽油などの揮発性の低い燃料を用いるエンジン。
ガソリンエンジンよりも高い圧縮で空気のみを圧縮し高温になったところで、混合気(霧状の燃料)を噴射し爆発させる。

@吸気行程:ピストンが下がり、空気のみを吸い込む。
A圧縮行程:ピストンが上がり、空気のみを圧縮する。圧縮された空気は高温になる。
B爆発行程:圧縮され高温になった空気の中に、燃料を噴射し爆発させる。
C排気行程:下がったピストンが惰性により上がり燃焼ガスを排気する。

燃費は良いが、振動・騒音が大きいため乗用車には敬遠されていたが、新世代ディーゼルエンジンはまったく別物。ベンツを始め各メーカーがこぞって研究開発、発売を始めている。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 自動車趣味入門!クルマ情報@ナビ. All rights reserved

TOPへ 自動車用語集 ディーゼルエンジン
自動車趣味入門!クルマ情報@ナビTopへ