« ソーサイ候補自民党 | メイン | 「スマイル」 第10話再審 »

もしも、菅家さんの逮捕から服役までの間の流れに正の効能が ...再審

日産自動車、ホンダ、トヨタ自動車、日本航空、ヤフー、ユナイテッドアローズ ▼足利事件の再審請求即時抗告審で、再審開始の可否を決定(東京高裁) ▼慰霊の日・沖縄全戦没者追悼式(沖縄県糸満市) ・TV〓ガイアの夜明け「消費は動くか〓エコ商品に なんと 菅家利和すがや・としかずさん(62)の 再審 請求即時抗告審で、 東京高裁 (矢村宏やむら・ひろし 裁判長 )は23日に再審開始の可否を決定する。

菅家さんと女児の下着に付着した体液のDNA型が一致しなかった再鑑定結果から、再審開始を認める見通し。

しかも 尤もらしい屁理屈があるにしろ、誤判以上に、宇都宮地裁の池本寿美子裁判長は意味もなく再審請求を引き伸ばし、時効に追いやった事に対し理由付けなど勿論出来ないのだろう。

これこそが裁判官のりっぱな犯罪、最後の審判を逃げ通すお積もりなのか DNA再鑑定の結果、東京高検が再審開始容認の方針を示したそうです。

最初の逮捕もDNA鑑定が根拠になっているそうですが、DNA鑑定って間違えるものなのでしょうか。

もちろん人間がやることですから、すべてが完璧なんていうこともないでしょう。

ばかりだと、なんと今日(24日)の朝刊では、足利事件再審決定がトップだが、その横に、「国交省 また官製談合」という記事がある(朝日新聞)。

そして2面には、それとは全く関係ないのだが、(旧運輸省の天下りでなく)パナソニックから関空の社長になった人の紹介記事がある

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaki01.com/mt3-02/mt-tb.cgi/497

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年06月24日 23:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ソーサイ候補自民党」です。

次の投稿は「「スマイル」 第10話再審」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自動車 趣味